面接で緊張するとどうしても笑顔がひきつってしまうという人はいませんか?

小さな頃は普通に笑っていたはずなのに、気づいたら引きつったような笑顔しかできなくなってしまったという人は意外と多いものです。
緊張する面接の場面だとなおさらのことです。

そういえば、大人になるに従っていろんなことをしなければならなくなります。大勢の人の前でスピーチをしたり、権威のある人と会話をしなければならなかったり、また、緊張を強いられる会議でプレゼンテーションする機会もあるでしょう。
このような場面では、誰でもある程度は緊張するものですし、きちんとできるかどうか不安に感じたりもするものです。

今回は、面接対策として、笑顔が引きつる原因についてご紹介します。

笑顔がひきつる原因は無用な力み

人前で話そうとすると顔が引きつるのも、笑おうとすればするほど笑顔が引きつるのも、その原因は力みにあるのかもしれません。
面接の時などは緊張するのでなおさらです。

顔は、体全体の中で一番人に見られている場所です。その顔が不自然な動きをするということは、人からの評価を気にしすぎているといえるのだそうです。面接は評価される場なのでなおさらですね。

例えば、人前で自然に笑おうとした時に、それが出来なかった過去の経験があるとまた失敗して悪い評価を得てしまうのではないかと心配しすぎて力んでしまうのです。失敗しないようにと頑張るわけですが、つい空回りしてしまうというわけです。

対策:無理に笑顔を作ろうとしない

例えばですが、いつもむすっとして不機嫌そうな人に、ふとしたことで気持ちはやさしい人なんだな、と思った経験はないでしょうか。
顔はむすっとしていても、相手のことを考え心から尽くしてくれたことというのは不思議と伝わるものです。

無理して不自然な笑顔を作るよりも、これは非常に重要なことといえます。
面接なら、「自分の実績を一生懸命伝えようとする」ここにフォーカスするといいかもしれません。

笑顔で話せれば一番いいですが、熱が入った話し方なら笑顔がなくてもむしろ自然です。伝えようとする熱意は好感につながります。

「すみません、緊張して熱が入ってしまいまして・・・」などと自然に一言フォローするのもいいでしょう。面接官には熱心な人だったという印象が残るはずです。
これでいいのです。

一度、思い切って笑顔から離れてみると、もしかしたら事は良い方向に進んでいくかもしれません。

笑顔がなくても、自分の気持ちが伝えられるということが実感できれば、無用な力もすっと抜けて、顔の緊張も自然に解けていくかもしれません。

まとめ

実は、笑わなきゃと思えば思うほど、笑顔が引きつるものなんですよね。
面接では、笑顔が武器になることは間違いはないのですが、必須ではありません。それよりも重要なのは、自分のことを伝えようとする気持ちです。

少しだけ方向を変えてみると、笑顔ばかりじゃないことに気付くものです。
笑顔が苦手なら開き直って、「緊張すると表情が固くなってしまって・・・」と自分から言ってしまうのもひとつのコミュニケーションです。

ただし、伝えようする熱意をそえるのを忘れずに。
熱意が笑顔を超えるくらいに、伝える努力をしてみると、最後に自然な笑顔が出てくるかもしれませんね。