採用試験本番も大切ですが、それ以前に重要になってくるのが書類選考です。履歴書用に写真を撮ったのはいいけれど、出来上がりを見てがっくりしてしまったということはありませんか?

でも、実物はもう少しマシなのだけれど・・私は写真写りが悪いから仕方がない・・などと思う必要はありませんよ。例えば、旅先で集合写真を撮った時、本人とは思えないくらいきれいに映っている人っていると思いませんか?

女優とまではいかなくても、素敵な笑顔で写真に納まるにはちょっとしたコツがあるのです。そこで今回は、実物以上にきれいな笑顔で写真に納まる方法についてご紹介します。

「はい、チーズ!」はダメ?

写真を撮る時に「はい、チーズ!」と言う人は多いですが、チーズでできる口の形は実はそんなに良いものではありません。両端が不自然に引っ張られて、笑顔も引きつったものになってしまうのです。

実は、「イー」よりも「アー」の形を意識することが素敵に写真に納まるコツなのです。思いっきり大きく開ける必要はありませんが、ただ横に引っ張るだけより、ずっと素敵な笑顔になれるはずです。ただし、下の歯は見えないようにすることが大切です。

自然な笑顔が一番

女優やモデルではないのだから、カメラを向けられればある程度緊張してしまうのは仕方がないですよね。それでも、やはり自然な笑顔でいることが写真には一番です。楽しかったこと、ほのぼのとしたシーンなど、何でもいいから思い出してみましょう。自然に顔が笑顔になるはずです。

ちょっと無理、という人は、歯の裏に舌の先端をくっつけてみてください。この状態で笑うと、とっても自然な笑顔になれますよ。

リラックス!

カメラを向けられたら、まずはリラックスすることがコツといえます。一度緩めた筋肉は、必要以上に力が入り過ぎてしまうのを防いでくれるのです。ただし、だらんとした放心状態の顔は写真に撮られないように気を付けてくださいね。
一瞬リラックスしたらすぐに笑顔を決めてみましょう。

位置や角度を研究してみる

自撮りがはやっている最近では、SNSに積極的に自分の顔をアップしている人も大勢います。

そんな人は、とにかく研究熱心!
自分が一番かわいく見える位置や角度をしっかり研究しているのです。

顔は左右対称ではないので、角度によって写真写りは驚くほど変わってしまいます。シーンに応じて、幼く見せたり、妖艶に見せたりとテクニックをたくさん持っていたりもするのです。全然わからない!と言う人は、とりあえず髪の分け目がある方から撮ってみましょう。これも素敵な写真に納まるコツなのです。

背筋を伸ばして顎を引く

写真は顔だけではないですよね。顔は素敵でも、首から下がよくなければ台無しです。座って撮る時も、立って撮る時も、背筋はすっと伸ばしておきましょう。顔の力を緩めると同時に肩の力も抜けば、その後の笑顔はもっと自然に出てくるはずです。

また、顎は引いた方が顔が大きく写ってしまうのを防ぐことができますが、あまり引きすぎれば二十顎になってしまうので要注意です。これも、鏡を見て確認しておくといいですね。

まとめ

どこかではずっと残っているかもしれない集合写真などは、素敵な笑顔で写っていればより一層うれしいですよね。

撮られる直前に、肩と顔をリラックスさせて、背筋は伸ばして顎は引き、口は「イ」よりも「ア」の形で、歯の裏には舌の端を付けて・・、とやることはたくさんあるので、これはやはり研究と練習が必要かもしれません。

それから、立って写る時には少しだけ体を斜めにすることがコツです。この方が実物よりもスリムに映るから、写真写りをさらにアップさせられますよ。