履歴書といえば、一生お給料をもらうことになるかもしれない大事な企業に提出する超重要文書です。そこに貼る証明写真は、当然、とっても重要な役割を果たします。

私は採用担当をしていて、目を通した履歴書の数はもう覚えていませんが、やはり、履歴書の証明写真には必然的に目が行きました。その経験から答えるなら、履歴書の写真で印象が良いのは、笑顔でも真顔でもありません。

履歴書の写真は、印象がいい表情で撮るのが一番です。

 

今回は、履歴書に貼る証明写真について、面接官の本音をご紹介します。

 

履歴書の証明写真は本人確認というけれど、実際は・・・

そもそも履歴書に写真を貼るのは、本人かどうか確認するためのものです。だから、本来であれば、本人ということが分かればそれでよいということになります。

しかし、履歴書の証明写真を評価しないかといったら、それは嘘になります。もちろん、顔で選んだりしたことはありませんが、本人に合うよりもまず写真と面会するわけです。何も感じるなというほうが無理です 笑

 

担当者が知りたいのは?

証明写真から企業側が知りたいのは、その人が自分たちの一緒に働きたいと思える相手なのかどうか、ということです。それは、顔の作りというよりも表情から読み取るものなんですね。
この点を考えると、笑顔がいいか真顔がいいかという話ではなくて、印象がいい表情が一番というのがわかっていただけるのではないかと思います。

企業で働くからには、しっかりと仕事をしてもらうのはやはり基本中の基本なのです。自分のところで働きたいというしっかりした気持ちを持っているか、というやる気が表情から読み取れなければいけません。
だからこそ、履歴書の印象の良さが大切なんです。

好感を与える印象がいい表情とは?

好感を与える表情というのは、自分ではなかなかわからないものですよね?
ですから、できれば、履歴書の証明写真は、写真館のプロの目を通して印象のいい表情で写してもらうのをおすすめします。

履歴書の証明写真をいくつも見てきて思うのは、新卒でもご年配の方でも、写真館でとった証明写真で第一印象が最悪というのはありませんでした。

これはおそらく、撮影する時にプロのカメラマンが表情をうまく捉えた結果なのだと思います。
一番失敗が多いと思ったのは、ご年配の方のスピード写真ですね。写真に写りなれていないのもあるのだと思いますが、なぜかむすっと見える「への字口」が多かったです。たぶん、ご本人は真顔のつもりなのだと思います。

さすがに私は履歴書の写真で落とすようなことはしませんでしたが、書類選考があって応募者が多い他の企業ではどうなるかわかりませんよね?

写真館もピンキリですが、数千円払えばいい写真を撮ってくれるところは見つかると思います。
スピード写真でもお金は払うものですからそこで失敗するよりは、少しだけ自分の印象をあげるために写真館に行くのも悪くはないと思います。

履歴書の証明写真の写り方のアドバイス

写真館に行けば、プロがアドバイスしてくれますが、証明写真の写り方のポイントをご紹介しておきますね。

女性なら軽く微笑み、男性ならキリっとしつつも柔らかさ含み気持ちで微笑む、といったところです。

目は、目頭と目尻をやや下げ気味にし、頬と口角は持ち上げます。女性であれば少し前歯が覗くくらい微笑んでも良いでしょう。
そして、左右対称になるように、鏡を見て自分の癖を知っておくことも大切です。

これは顔だけではなく、肩の高さもそうです。
肩は、カバンをかける側が高くなってしまうことがありますが、胸から上しか写らない証明写真では特に目立ってしまうのです。

まとめ

履歴書の証明写真は、笑顔でも真顔でもなくて、印象がいい表情で撮りましょう。
印象のいい表情は自分ではなかなかわからないものですから、少しだけ奮発して、写真館でプロに撮影してもらうのがおすすめです。

あなたより前に、面接官に対面するのが履歴書の写真です。
印象を良くするために、少しだけ自分の印象を良くするのに投資してみませんか?